5/19/2014

パントマイム in Berlin

大受けだった。

その日はいつもの土曜マーケット。
よく晴れた日で、いつもとなにも変わらない雰囲気。
ただ、違うことは大道芸として行なっていた日本舞踊ではなく
パントマイムを披露することに決めた。

これまた初めての試み。
どうしても初めてというのは緊張が付いてくる。服装はHPの動画と同じような
格好をしてドキドキしながらいつもの場所に向かう。
想像が付かない。反応が怖い。何をやったらいいかも良くわかっていない。
そんな状態の中、マーケットに着いてしまった。そう、マーケットから住んでいる場所
まで徒歩3分くらいの場所なのだ。

『ちかっ』

気持ちの整理もあまりついてないまま、いつものようにコインを入れるためのボウルを
セットした。

パントマイム開始だ!

始めてすぐ、あることに気づいた。
大人はあまり反応しないが、子供達が足を止めていくではないか。
子供たちが見ていたら急にテンションがあがってくるのを感じる。もう緊張も何もない。
どうしたら子供たちを楽しませられるか。それに集中していた。

そして、子供たちを喜ばせるのにコインは必要ないと感じた私は、目の前に置いておいた
ボウルをしまう。
するとどうだろうか。ボウルを置かないことで、自分が意識せずに境界を作っていた
ラインが外れ、私の舞台が見ている人達と同じになった。
そう、すべてがより近くなった感じだ。

もう色々な境界はない。
どんどん足を止めて行く人が増え、こどもたちの笑い声までこだまするようになった。
座り出して見始めた姉妹、パンとタンポポをくれた眼鏡の少年、お花をくれる少年、
同じようにマネをする兄弟まで登場した。

中でも驚いたのはボウルを置かずして、コインを直接私に渡してくる人が多かったこと
である。たしかに、このヨーロッパでは大道芸をしている人にコインを渡す習慣は
あるかもしれないが、特にボウルを置いていなかったにも関わらず多くの人から
コインを頂いたことにはびっくりだ。


沢山の子供達の笑顔が見られた。
これは私の心の宝物。

自分には何ができるんだろう、と自分に問いかけていた質問に、少し答えが見えて
きたかもしれない。

今は何に繋がっているかわからなくても、必ず花を咲かせるときが来るということ。

ただ、今を大切に生き続けること。

今やっていることは、いつか誰かのためになること。
未来は今の連続ということ。

自分を信じていきましょうね。



家に帰った後、鏡を見ると真っ赤な顔をした自分がそこにいた。













5/01/2014

大道芸ご縁 in Berlin

それは突然のことだった。

いつものマーケット。いつもの通り沿いで日本舞踊を踊っている。

振りのレパートリーが多くはないので、同じ曲を繰り返し踊っているのだが、
さぁもう一回踊ろうという時に、二人の小さな女の子が話しかけてきた。

「あなたは日本人?」

「そうだよ。」  と答えると

「なんで踊ってるの?」 と次は、たどたどしい日本語で質問が飛んできた。

「見てくれる人に、喜んでもらいたいからだよ。」

そこから30分以上立ち話をすることになった。。

話しを聞くと、その二人はドイツの小学校に通う3年生と1年生の姉妹で、
お父さんはドイツ人、お母さんは日本人、今はお父さんと旅行中で、
近くのレストランで食事中らしい。

レストランの前の通りで私は踊っていたのだが、どうやら、そのレストランの
テラス席から、私の踊りを見ていたようだ。

お父さんは何をやっているのか気になって聞いてみると、商談相手と仕事の話を
しているとのこと。

私の踊りが気になって来てくれたのか、退屈だから話しに来たのか、、、
きっと、おそらく、たぶん前者だったのだろう、、、

それはともかく、その姉妹は沢山のお話をしてくれた。
名前の由来、日本のこと、お父さんの仕事、お母さんのこと、
お兄ちゃんがいることなどや、大道芸をする私へのアドバイスまで。
(踊る時、目の前にかばんを置いてコインをもらったほうが良いということまで
 教えてくれた) すでにコインを入れるお椀を置いていたので、あることを
伝えると嬉しそうに笑ってくれた。


そして、最後にこの姉妹のためだけに踊ることにした。


二人の真剣なまなざしは私の心に火を灯す。


しかし、妹のほうは踊りの途中で帰り、姉のほうは私が踊り終えると何も話さず
帰ってしまったではないか。

「やっぱり曲があったほうが良いかなぁ」と帰る支度をしようとしていると、
お姉ちゃんが、また歩み寄ってくる。

そして、その子の手から私の手にコインが渡される。

わざわざお父さんのところに行ってコインを調達してきたようだ。その
想いが嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

小さな出会いと小さなコインだが、その中には目では見れない大きな
喜びが含まれている。



「そういえば、妹の◯◯ちゃんは?」

「おトイレに行ってる」

こどもは素晴らしい。


また、どこかで会いましょうね。