1/29/2019

「掃除してほしい」と本当に願うなら

先日、「おぼうさんが教えるこころが整う掃除の本」の著者、松本紹圭さんの
主催する朝お寺の掃除をするテンプルモーニングに参加してきました。
(興味ある方はこちらの記事に詳細が載ってます)



お寺での掃除の後に参加者でお茶を飲んで話している時、参加者のある女性が
「お寺は掃除ができるんだけど、お家はできないんです」と語っていらっしゃいました。




ここでひっかかりました。



なぜ、お家が掃除できないのに、お寺だったら掃除できるのか?
なぜ、近くよりも遠くに行ってまで掃除をするのか?




「お寺」だから?縁起が良い?

お寺の紹圭さんが格好良かったから、会いに来た!!!!?
(それも大いにあると思いますが、笑)





なぜ、彼女は自分のお家を掃除できないのに、お寺だったらできるのか?




それは、、、




「つながり」が感じられるからです。




掃除の会には約10人ほどの参加者がいました。
誠実で素敵なお坊さん紹圭さんと一緒に皆で掃除をします。


そう、紹圭さんと皆さんの間に見えない糸がありました。



「お寺は掃除ができるんだけど、お家はできない」とおっしゃった女性は
この見えない糸である「つながり」を感じに来られていたんだと思います。



彼女の中で、掃除はただキレイにすることから、つながりを感じる
ための手段になっていたんです。



お家で一人掃除をしてもつながりは感じないですよね。



だから彼女は、わざわざ、早朝のお寺へ掃除に来るんだと思います。




では、どうしたら彼女はお家を掃除できるようになるでしょうか?


どうしたらお家で掃除をする時につながりを感じられるように
なるでしょうか?




こんまり先生の本にある片付け方法を楽しんでできる人は必要ないと思います。
こんまり先生の本を読んでも、出来ない人はこの「つながり」が
大事なんだと思います。



そう、勘の良い人はお気づきですね。



どうしたら、彼女がお家で掃除をする時に「つながり」を感じるか。



そのポイントは「人」です。



そう、
彼女と共に掃除をする「人」が必要です。




このブログは、誰かに対して、掃除をしてほしいと願っている人
にあてて書いています。



では、もし、誰かに対して「掃除をしてよ」と思っているんであれば
チャンスです。なぜなら、そう思うのは、その誰かを大切に思っている証
だからです。なんとも思っていない人に対して、掃除をしてほしいとは
思えないからです。



だから、その人に手を差し伸べられるのはあなたしかいません。




「掃除してよ」という言葉ではなく、相手を想い
「一緒に掃除しよう」という声をかけてみませんか?



ただ、相手が100%掃除なんてするつもりないという感じの人には
残念ながら効かないと思います。でも、ちょっとでも「やらなきゃ」と
思っている人にとっては、本当に救いの言葉だと思います。





僕が提案するのは、毎日でも、一週間に一度でも、決まった時間に
一緒に掃除をするということです。人が多ければ多いほど良いです。




別々に暮らしていて出来ないという人もいると思います。




でも、大丈夫!!!
何が大丈夫かって?


それは
場所は関係ないからです!!!!



大事なのは「つながり」です!!!



「同じ時間に行なう」というのがポイントです。
今の時代、LineやらFacebookやらありますよね?



連絡を取り合うだけです!
「あと5分でこちらスタートするよ〜」

なんて一言。


余談ですが、
ある身近なお坊さんが、昔言ってたことがあります。
「坐禅をする時は、同志を想って坐る」


その人は毎日、一人でも坐禅をしています。




究極を言ってしまえば、つながりさえ感じられれば、時間を合わせなくても、
掃除ができるようになるんだと思います。




そういう僕も今実践中です。遠い海外と日本の時差を計算して
一週間に一度、ある人と一緒に行なっています。


ルールは、
「都合が悪ければ無理してやらなくていい」
「基本30分だけど、その時の気分で5分だけでもいい」
「やらなければいけないということはない」



そんなに難しくないですよね?



大事なのはお互いの信頼関係だと思います。あなたとその人にしかない
つながりですから、どうしたら、一緒に掃除ができるのか考えて
言葉を投げかけてみてください。


僕もまだまだ、これからです。




ちなみに、一緒のお掃除があと5回続いたら、お洒落なカフェでお茶をする
というご褒美を自分達にあげる約束をしています。



掃除を是非、活用してください。



最後まで読んで頂きありがとうございました。
みなさんとのつながりに感謝いたします。





1/25/2019

<第一回>Training!Cleaning!Dancining終了報告

記念すべきゴミ拾いトレーニング

1月24日(木)
気温、氷点下3度
時間、16:15〜17:00まで
場所、いつも大道芸でお世話になってるコルビッツ公園
参加者、Ryotanz

コルビッツ公園のコルビッツさん




いつもこの辺りで大道芸してます




ゴミトレでの気づき


・右手で拾い左手でそれを受けるという動作が多くなっていた/
=右手が利き腕というのもあるが、右手で拾う動作を繰り返すと
左の肩甲骨とのバランスが合わなくなるので、次は左手で拾う!!



・子どもの視線を感じるとついついアクロバティックなことをしてる/
=自分の動きに完全に集中できてない。
もちろん子どもの視線を感じるなとは言わない。それよりも舞台と一緒で
離見が大事だ。(世阿弥が言ってたような)



・寒さは開始数十秒で感じなくなる/
=むしろ動かないと凍りそうだから当たり前か。。。。



・ゴミのおかげで自由に動ける/
=普通のトレーニングだと、決まった動きが多く、あまり創造的ではない。
かと言って「決まった動きのない動き」を瞬時にしようとしても、
慣れてないと続かない。
しかし、そこにゴミがあるだけで、体は水を得た魚のように動いてしまう。
「拾う」という動作に色を付ければ良いだけだからかもしれない。


・コルビッツは案外大きなゴミが落ちていなかったというのもあり、
よく目を凝らしていたため、目線が常に下だった/
=下を向くことは悪いことではないけど、続けると首が癖になるので、
より低い姿勢をとるよう次は意識しよう。


ゴミ拾い中の動きについて:
片足バランス、片足スクワット、鴨歩き、ワニ歩き、
側転、逆立ち、ピルエット、片手側転、
名前の無い動き多数、、(今度動画を撮るか、、、)


拾ったゴミの種類:
打ち上げ花火の破片(主に紙くず)
割れた瓶の破片
たばこの吸い殻
瓶の蓋
若干のビニール、など



以上、
ゴミ拾いトレーニングは思った以上に良い汗もかき、爽快だった。
トレーニングしながら、公園(の一角ですが)にゴミがなくなって
いくというのは不思議で、まるで探し物をしていたらいつの間にか
部屋が片付いていたような、そんな感覚だった。



そもそも、どうしてゴミ拾いトレーニングを始めることにしたのか?
最初は、トレーニングとゴミ拾いは別個で考えていた。
ただ、子どものKITA(幼稚園)送り迎え、KITAの週二回の掃除当番、
ダンスクラス、スタジオ掃除、そして現在はKITAの園長先生からの
お願いで、先生のヘルプを週三回など、、、あまり自分の時間がないため、
自分のやりたいことをどんどん合わせてしまえ!!!と
合わせたのがゴミ拾いとトレーニング。

元々、ゴミ拾いはいつかしたい、いつかしたいと思ってたし、
新年にイベントを企画してたけど、急な用事で出来まなかったから。。

本当、できて嬉しかった。
もちろん、参加者がいてもいなくてもOK


今後は週一回やっていくぞ!!!
次は31日(木)!!寒さに負けるな!


こんなんでました。




24. Januar (Do)
Temperatur, Gefrierpunkt 3 Grad
Zeit von 16: 15 bis 17: 00 Uhr
Place, Kollwitz platz
Teilnehmer, Ryotanz


Art des aufgenommenen Mülls:
Scherben des Feuerwerks (hauptsächlich Papierabfälle)
Bruchstücke der Flasche
Zigarettenkippen
Flaschendeckel
Etwas Vinyl usw.

Ich bin sicher was Ich das einmal inder Woche mache.

Vielen Dank!!
Ryota